三島 うなぎ。 【三島 うなぎ】地元民が愛する鰻屋”むさし”が最高すぎる件

この水環境が育む三島の絶品うなぎ。

持ち帰って新幹線の中で食べるのにもちょうどいいですね。

さすがはお食事処、こういうおつまみはホントに美味しい。

ちなみに今年の抱負は 「やりたい事は全部やる」と 「楽しく生きる」です。

申し訳ありませんがご自身でお確かめください。

どーーん!こちらうな重・竹 3300円! 鰻一尾分のうな重とお新香、肝吸いが付いてきます。

問題が解決されなかった場合は、をご確認ください。

ブラウザのヘルプメニュー、またはウェブを検索してHTML5 Geolocationを有効にする方法をご確認ください。

右内神社、別名「うなぎの宮」は左内神社と共に三嶋大社の御門の守護神で、江戸末期までは大社 の社人 しゃにん が毎月1回、必ず参拝に行っていました。 では、なぜおいしいのでしょうか。 白焼きをつまみにお酒を・・なんてことも可能。 昼は 11時~ 14時半まで、夜は 16時半~ 21時までと営業時間が長いのも嬉しい。 三嶋大社のニワトリにちなんだ中江酒造の「初鶏 はつとり 」、井上酒造が大社の前にあったので付いた「神の前」、「楽寿 らくじゅ 」などです。 徳川幕府第二代将軍秀忠 ひでただ が三島に泊まった際、家臣が大社の神池のうなぎを蒲焼にして食べたことを知り、この者を捕らえはりつけにしたと言い伝えられています。 ワサビ 漬 づ け 湧水で育ったワサビの辛さと、ほどよい味に調えられた酒粕が見事にミックスされたワサビ漬け、ここ静岡県はワサビ漬けの誕生の地です。 その後も何の神罰 しんばつ もくだらず、三島のうなぎはことのほか 美味 びみ と東京方面でも有名になり、うなぎ屋が増えて今日のように繁盛 はんじょう するようになったようです。 江戸時代の人々は、ワサビをソバや刺し身の薬味のほか、毒消しや発汗作用があることから、風邪薬として煎じて飲んでいたようです。
64