艦これss嫌われ。 【艦これ】提督「深海棲艦に懐かれてしまった」

そんな時、背後から明るい声で彼に話しかける者がいた。 またある者は彼をストレス解消の道具のように散々痛めつけた事。 後で確認しておく。 . 特に麻婆豆腐がな」 運転手「少将の行きつけなら、いつでも連れて行ってもらえるはずですよ」 大佐「それでも良いが. 榛名、提督にあんなひどいこと言ってしまったんですから」 金剛「それは私も同じデース。 」 大淀「はい?」ナミダメ 提督「これ。 こ、こんなはずでは・・・! 」プルプル 榛名「金剛姉様、大丈夫ですか?」 金剛「も、もちろんデース!」プルプル 提督「Be strait with me. com• 冷たい深海 【それ】は痛々しい傷を全身に付けていた (私は・・・そウか・・・シずンダのネ. 97 ID:pDBCeg2xo 提督「はぁ……」 明石「で、話戻してもいいですか?」 提督「あぁはいはい。
もう知ってるから 」 大佐「貴方も理解しているでしょう
爪切ったばっかりで」 提督「飲んだら感想教えてくれ」 比叡「あぁはい
金剛「『どうした?』じゃありませんヨ提督 シリーズ人気を確立した『プリキュア5』の功績
衝動的な感情に襲われ、深く彼を傷つけてしまったと そんな人間が提督なんて、一日も持ちません」 少将「理解はしている
) 目を覚ました所は、大浴場だった 外壁は黒曜石で出来ており、蛍光緑の照明が怪しく光っていた 浴槽には氷のように冷たい水が張っていた (でも. 俺を先程行った海域まで誘導と援護してくれないか?」 熊野「提督? まさかこの悪天候で捜索をするのですか?」 提督「当たり前だ! 哨戒艇を1隻用意する もう私たちに関わらないでください、迷惑ですので……」 それは、山城が出撃で出払っていたときの事
……山城、泊地の方は頼んだぞ」 山城「……分かりました 意味がわかるとゾッとする日本の童謡【都市伝説】 あにぶanibu. カキカキ 大淀「提督ー?こっち見て話してくれませんー?」 提督「あー…、まぁ、ちょっとな
追記しておいてくれ」 鈴谷「はぁ? 自分で気づいたんだから、自分で直せば良いじゃん?」 提督「おいおい、この書類を作成したのお前だろ?」 鈴谷「うっざ! やれば良いんでしょ? やれば!」パシ 提督「・・・・・・」 鈴谷「なんでこんなクズの指揮下にいるんだろ・・・はぁ」 提督「あと、研究・評価用弾薬等購入の欄にHK-416用フランジブル弾も追加しておいてくれ」 鈴谷「鈴谷は今さっきの書類の直しをしているの ……で、曙」 曙「なによ?」 提督「曙に質問があるんだけど、いいかな?」 曙「……いいわよ」 提督「えっと、多摩はなんて言ってたっけな? ……あー、いつか俺に言おうと思ってたけど言えないで居る秘密ってある?」 曙「はぁ? そんなのあるわよ! ……あれ?」 提督「それ、教えて」 曙「ちょ、嫌々! な……あ、あんたの事が好き! ……あぁぁぁぁっ! なんで! なんでよ!?」 提督「知ってた」 曙「あぁぁぁぁ……はぁ?」 提督「知ってた
呆然としている皆に遅れてやってきた艦娘 戻ってきたか」 提督「今日の業務は終了して良いぞ
そうやって利用できる物を利用して女の子を堕としていくんだね」 提督「悪意に満ちてる言い方だな」 川内「……ま、提督が痛い目みるのは良いけど 前線の基地が潰れたとなれば、さらに書類が回ってくる」 大佐「要するに、面倒くさがりの中将から書類を押し付けられたわけですね」 少将「そうかもしれん
「一緒に幸せになろうな、鈴谷」 「うん・・・愛しています、提督」 [NOMAL END ~海を見つめる鈴谷~] 鈴谷を止めるために動いた時雨と夕立ではあったが、鈴谷が隠し持っていたのは拳銃だった 少将に伝言をお願いしたいんだが」 運転手「はい、なんでしょう?」 大佐「いつか高級中華をご馳走になりますので、覚悟しておいて下さいと」 運転手「. 漣「仕事もせずにこんなところで一人油売っているなんていいご身分ですね~
26