エチレン グリコール。 エチレングリコール

しかし、エチレングリコールが保管されている場所で火災が起こった場合はどうでしょうか? 気体となったエチレングリコールが炎上する恐れもあるのです。 新たな情報源 PATTY 6th, 2012 を追加し、区分を見直した。 エチレングリコール中毒のリスクとその原因は、その摂取である。 エチレングリコールは毒性があり、腎臓障害がありますので誤飲事故が起こったらすぐに病院へ行きましょう。 エチレングリコール入りの保冷用品は過去、大量に販促されてきました。 保管 技術的対策: 保管場所は屋根を不燃材料で作るとともに、金属板その他の軽量な不燃材料でふき、かつ天井を設けないこと。

さらに、患者、特にエチレングリコールの摂取後1時間以内に入院している小児では、徴候がまだ現れていない可能性がある。

ただし、容器が劣化しないように早めに使い切りましょう。

適切な防護衣を着けていないときは破損した容器あるいは漏洩物に触れてはいけない。

GHSラベル要素 絵表示 注意喚起語 危険 危険有害性情報 皮膚刺激 強い眼刺激 吸入すると有害 呼吸器への刺激のおそれ 眠気又はめまいのおそれ 中枢神経系、血液系、腎臓の障害 水生生物に有害 注意書き 安全対策 粉じん/煙/ガス/ミスト/蒸気/スプレーを吸入しないこと。

海上規制情報 非危険物 航空規制情報 非危険物 特別の安全対策 危険物は当該危険物が転落し、又は危険物を収納した運搬容器が落下し、転倒もしくは破損しないように積載すること。

36 55 )ことから、区分外とした。

保護具 呼吸用保護具 適切な呼吸器保護具を着用すること。

密閉された場所は換気する。

65
また、腎臓保護の意味から、カルシウムを補給するなどの加療も行います。 そしてその時に、鼻先に着いたものを舐めてしまうので、エチレングリコールなどの毒性を持った物質を誤飲する事故が起こってしまいます。 応急措置をする者の保護 情報なし 医師に対する特別な注意事項 情報なし 5.火災時の措置 消火剤 粉末消火剤、耐アルコール性泡消火剤、二酸化炭素、砂、噴霧水 使ってはならない消火剤 棒状注水 特有の危険有害性 加熱により容器が爆発するおそれがある。 この製品を使用するときに、飲食又は喫煙をしないこと。 皮膚刺激が生じた場合:医師の診断、手当てを受けること。 また、大量のエチレングリコール飲用から、解毒用に注入したエタノールの代謝による拮抗作用が追い付かず、エチレングリコールを尿として体外への排出する事が間に合わなかった場合などは、残念な結果になってしまう事もあるのです。
2