サブ ノ ジュニア。 JBCスプリント制覇サブノジュニア NAR年度代表馬に輝く!4歳以上最優秀牡馬、最優秀短距離馬も受賞― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

産駒なし• 初の重賞挑戦となったは1番人気に支持されるも、騎乗の・と二つのスプリント重賞勝ちのあるバンドオンザランの復活の前に直線届かず2着。

JBCスプリントと同舞台の最適条件だ。

府中の長い直線。

黒鹿毛• 大井 JpnIII ダ1200m(不) 16 1 2 076. 2020年• 静内産• 大井 2歳275万下 ダ1400m(稍) 14 5 8 003. 年度代表馬にはJBCスプリントを制したサブノジュニアが受賞。

年度代表馬としてのプライド JBCスプリントを制した後は、中央の重賞(カペラS=中山・ダ1,200メートル、根岸S=東京・ダ1,400メートル)に挑戦。

大井 東京トゥインクルマルシェ賞 OP ダ1200m(稍) 11 6 6 004. にアクセスし、登録ページへ• 6歳で本格化 「入厩当初から、サウスヴィグラス産駒らしい雄大な馬体で、最初からダートは確実に向くという印象でした」 そう語ったのは、昨年にダートグレード競走を3勝して殊勲調教師賞も受賞した堀師。

また、赤岡修次は8年ぶり5度目の最優秀勝率騎手賞、矢野貴之が初の殊勲騎手賞に輝いた。

2006年• 次走は交流重賞のに出走、5着に入る。

0 矢野貴之 57 キャンドルグラス 534 大井 SIII ダ1600m(稍) 15 3 6 131. 2015年• 大井 しぶやダイバーシティ賞 A2B1 ダ1600m(稍) 16 5 9 005. 3秒差の4着に惜敗。

1 矢野貴之 57 クルセイズスピリツ 528 0000. 「年度代表馬の騎乗依頼をいただいて、なんとか結果を出したいですね」。

地方競馬年間表彰「NARグランプリ2020」の表彰馬、受賞者が13日、地方競馬全国協会から発表された。

2021年• 2010年• 母、祖母も大井で走り、父サウスヴィグラスも現役時代にJBCスプリントを制するなど、サブノジュニアは大井ゆかりの生え抜き血統馬だ。

94 36 65