横浜 dena ベイスターズ 2ch。 横浜DeNAベイスターズ : べえ速

球団事務所の主な業務は、プロ野球の試合を興行として提供すること このチームは、赤字続きという経営面の課題を抱えており、毎年親会社からの損失補填(ほてん)で運営を続けていた
その中でチケット部長を務めていた原さんは、どんな強みで存在感を出していたのでしょう? 原:存在感…… また、社内にはWi-Fi環境を整備したり、外部から社内ネットワークにアクセスできるVPNやオンラインストレージも提供したりと、データへのアクセスや共有を容易にした
原:なかなかイメージ沸かないですよね(笑) 守備力には多少目をつぶって、攻撃優先で牧をショートで起用するプランが実現すれば、とんでもない超重量打線が誕生することになる
今以上に多種多様な人材に溢れた個性ある球団になれば嬉しいですし、また働く楽しみも大きくなっていきますね!. コメント数:• コメント数:• 外出時もスマホでメールを確認でき、顧客対応が迅速化 社内の連絡手段 業務部門間で断絶 スケジュールをインターネット上で共有/外出時からもスマートフォンで確認できる 会社設備の共有 会議室がない スマホで会議室や営業車の予約ができる 営業資料の共有 紙ベース 社内サーバで共有、外出時からもスマホで確認できる 顧客管理データベース 未導入 誰が、どこに、どんな話をしているのか共有、組織的な戦略が立てられる 横浜DeNAベイスターズ ITビフォー・アフター 関連記事• プロ野球に接点がない方には、どのようにアプローチしたのでしょうか? 原:少しでもベイスターズ、横浜スタジアムへ興味を持っていただくきっかけとして、神奈川県内のお子様とそのご家族を対象とした「こども招待」や、横浜市に移転されたご家庭を対象とした「ようこそ横浜」など、様々なご招待企画も行ってきました このチームは、赤字続きという経営面の課題を抱えており、毎年親会社からの損失補填(ほてん)で運営を続けていた
2014年は年間156万4,528人でしたので おかげさまで、球団史上初の200万人を超えました
原:これら30の席種と、お客様属性や施策の掛け合わせで券種を管理しているからです 実際にどの属性の方々が、チケット購入後にご来場くださったか、チケットの半券を集計して、後々のデータ活用にもつなげています
2018年までチケット部部長を務めてきた原 惇子(はら じゅんこ)が、その言葉の真意と、施策の裏側を語ります! 目次• 2ちゃんブラウザ(PC・スマホ限らず)からは正常にアクセスが可能です チケットの席種設計、とても奥が深いですね
「業務効率化」と銘打って会社からiPadが支給されたのはいいものの、主な用途はメールやWeb閲覧のみ、という今回の相談者 ホームチーム側がBAY SIDE、ビジターチーム側がSTAR SIDE
そういった企画の積み重ねが、現在の満員のスタジアムにつながっていると思います 普通のIT企業と同等になるまで5カ月もかかるとは…… 萩原氏は着任後、すぐにITインフラを「DeNAほどではないが、IT業界の平均と言える程度のレベル」にまで引き上げる作業を行う

アイティメディアのONETOPIでは「ディズニー」や「博物館/美術館」などのキュレーターをこなしつつ、自分の生活を変える新しいデジタルガジェットを求め日々試行錯誤中。

当初は「獲る予定はなかった」というが「野球のできる環境、道筋だけはつくってやりたかった」と 07年の中日の春季キャンプにテスト生として呼び寄せた。

原さんから見て横浜DeNAベイスターズはどういった社風ですか? 原:先ほども言ったとおり、ホエールズ時代の方から、DeNAグループ後入社したスタッフと、バックボーンが多種多様で、それぞれの人が強みを活かせる組織だと感じます。

net あらすじ 本拠地はガラガラ、成績は万年Bクラス、噂になっては立ち消える身売り話。

A社がなぜ成功できたのか、具体的にどのようなステップを踏んだのか。

ただ、チケット部のスタッフ全員が裏方として地味ながらも、貢献はしたかなという自負はありますね。

そういった企画の積み重ねが、現在の満員のスタジアムにつながっていると思います。

戦略系コンサル出身の人、外資系のIT企業出身、元秘書の方、銀行出身の方などもいて、本当に個性豊かですね(笑)。

79