カブトムシ メス 飛ぶ。 うちカブトムシが夜うるさくて起こされるのですが何かよい手はないのですか。虫ハ...

2
『NHK地球ドラマチック』(ナレーション渡辺徹) オスもメスも一斉に羽化し、しばらく熟成した後、地上へ出てきます。 電灯の光にはそれほど、魅惑的ななにかがあるのでしょう。 (その2日間では交尾が確認できず) その後、数日でオスは亡くなってしまい メスはマットから出たきりで、夜中は飛び回っています。 異性のカブトムシを誘引するフェロモンだ。 あとは、個別飼育をすれば多少は静かになります。 個別飼育で潜れる深さがあれば一番良いですね。 過去の投稿などからマットが悪いと暴れるとあったので マットも新品に交換したのですが今日も暴れています。 この前羽は飛んでいない時などカブトムシが普通にしている時によく見ると思います! 前羽は固くできていて後ろ羽を守るのに使われます! ん?後ろ羽を守る?と思った方もいるかもしれませんがカブトムシが飛ぶのに必要なのは後ろ羽なんです。
3
そしてその上に土を盛っていきます 飼育下でも夜間に照明が当たったり、窓から街灯の明かりが入る場所に飼育容器を置かれた際に異常なくらい飛び回る事がありますので暗くて静かな場所での飼育をお勧めします
生臭いニオイに変われば、生きたムシの投入が可能です 追いかけられて、羽ばたいて逃げようとしています
こうして、カブトムシは人間の光に邪魔されながら、昼間には本来の行動に戻ってカブトムシらしい生活を取り戻すのです 飼育ケースの中に異性のカブトムシが居なければ、飼育ケースの外に異性を求めてしまうのも無理もない
水分(湿気) エサをあげる時で構いませんので、霧吹きで土を湿らせてあげてください かなりどうでもいい事なんですが誰か理由を知ってる人がいたら教えてください
それに対して、カブトムシは夏とかになるとほぼ毎日飛ぶのを見ます 笑 カブトムシに角生やしたのがクワガタみたいに思ってる人も多いんですが、まずカブトムシはコガネムシの仲間です 今の時期、飼育愛好家の家は凄いですよ
夜行性の昆虫は、街灯に集まりたくて集まっているのではない また、カブトムシのメスは日中は土の中に潜っておりますが、オスは角がある為、 土の中深くは潜れませんので、土の上に落ち葉や木をなどを置いてあげてください
「ワイルド個体」ということが間違いなければ、自然界のエサ場ですでに交尾済みなので、あらたに交尾させる必要はありません そのような違いもあるので、違いを自分で発見した時や特徴を自分が知ったらもっと昆虫の面白さを知ることができますよ
また、敵に投げ飛ばされるなど、生命の危機を感じたときに、飛翔を試みることもあります 来年も累代したいなら産卵セットに入れてあげればほとんど飛ばなくなりますね
9