宮沢 喜一 タフ。 宮沢尊鷹

人間を超えたスピードを持ち、常人が相手なら瞬く間に5人以上惨殺するほど強い。

そしてハイパーバトル予選の終了間際にて、鬼龍の送り込んだ刺客と次々と対戦し満身創痍の熹一と再戦、当初は圧倒したが極限状態において次々と彼の潜在能力が開花したことで押し返され、時間切れで引き分けとなった。

遅れたのはやはり田中さん、大平さんとの人間関係の悪さのせいだろう。 世界大会なのにトップ5が日本人、日系人だらけのハイパー・バトル 世界大会の意味があったのか• 突如現れたり消えたりする鬼龍の 腎臓の手術痕• 滞在国からの出国審査を受けてる最中、何者かによって渡された木像の土産の中に麻薬が隠されていたせいで刑務所へ送られ、死刑判決を受けて死刑囚として拘束衣をつけられたまま独房に収容されるが、全身の関節を外して脱出。 「 奇人」の異名を持つ。 静虎の知人で宮沢一族と交流がある一方で、熹一と鬼龍を怨敵と憎んでいる。 弟子たちはどうやって出入りしているのか• それも赤くなったりしないので、こちらにはどの程度酔っているかわからない。 当初は、熹一の祖父・金時や鬼龍が確認したDVDの内容によってその正体が尊鷹である可能性が濃厚になり、ハイパーバトルの会場にて熹一と静虎、鬼龍が一緒になってバトルキングに接近するも(その時、鬼龍がバトルキングの覆面を暴こうと仕掛けた激しい連打をこともなげに捌いていた)、マスクを脱いだその顔は尊鷹とはまったくの別人だった。