さっちゃん の 歌 怖い。 【都市伝説】さっちゃんはねの歌が怖い?4番以降の歌詞についても紹介

最後の「うしろの正面だーれ」は、 斬られた首だけが後ろを向いている様子を表しているというのです。 この桐谷佐知子ちゃんが「サッちゃん」なのでしょうか。 歌詞そのものは子どもが考えたかのような稚拙なもの。 彼女は足を切断し死亡したそうです。 つづける場合には1にもどる。 4番以降の歌詞の背景には 実際に北海道で起きた電車の事故があるというものです。 背景 この4番の歌詞には元になった事故があるとされております。
48

なぜ、さっちゃんは着物を置いていったのでしょうか? さらに謎として残るのが、『さっちゃん』は 4番目の歌詞にとどまらず、なんとその先の歌詞がまだあるという説です! 最終的には 10番まで歌詞があり、さっちゃんは電車に足を轢かれて亡くなったとか……。

ですが、あくまで都市伝説で信憑性のあるニュースや記事がなかったことから、誰かが歌って広まっていってしまった歌詞でしょう。

それは2011年3月18日に放送されたTBS系『ぴったんこカン・カン』にて阿川氏が 「 実は阿川は関係無く、 幼馴染の少し影のある少女が幼稚園を転園したときの思い出を書いた曲」と言われた という発言をしているのです。

怖い話の典型です。

さっちゃん サッちゃん の童謡が怖すぎる都市伝説 幼い頃に自分で歌ったり、お母さんに歌ってもらった童謡。

41
女子は、すごく怒ってやめさせました。 他にも 「10番まで存在する」という果てしない説もあります。 簡単に一番が出来上がった割に次が続かず、苦し紛れに、 なかなかバナナを食べられなかった幼い日の体験を思い起こし二番にし 、更にまとめなければならない三番にいたっては、歌詞の締切りが迫り妥協もあって「たしか現実のサッちゃんは、 引越したのか、いつのまにかいなくなっていたので、勢いにまかせ〈とおくへいっちゃう〉ことにした」 そうだ。 作詞をした阪田氏が言うにはこの歌は「近所に住んでいた少女サッちゃんの事を歌っている」と言い、遠くへ引っ越していくサッちゃんの事を思いつくられたそうです。 それは、 「ふるさと まとめて はないちもんめ」 「ふるさと もとめて はないちもんめ」 全然違う!と衝撃を感じました。 菊田さんは60年、夫の転勤で大阪を離れた。 人数が多い時は制限時間を作って、人数が多いチームが勝ちにするといいかもです。 カメラはしっかりとその何かを捉えました。
28