日本 剣道 形 1 本目。 日本剣道形小太刀一本目

29
他にもお気付きの点があった様子ですが、当記事は今も定量的にアクセスがある記事なので、それについてもコメントを頂けますなら助かります 二本目: 対 正眼 (抜き籠手)• 突き返し面とは、相手の竹刀を自分の竹刀で止めたあと、面を狙いにいく技のことを指します
9 顔の中心を、突き刺すような気勢で圧しながら、諸手左上段にとる 籠手擦り上げ籠手は、手首を狙ってくる相手の竹刀の方向を変え、相手の手首を狙います
仕太刀が上段に構えて残心を示すのを見届け、姿勢を元にもどしながら中段に剣先を上げていき、同じく中段に下ろしてきた仕太刀と呼吸を合わせ、元の位置へと戻り形を終えます 相手の面打ちを下がって抜き、即座に踏み込んで面を打ち返すという大技です
では、以下に示します ~ポイント~ 1 諸手左上段と剣先は、約45度後ろ上方に向けやや右による
以上のようなアレンジが含まれていること、あらかじめご了解を願います 互いに剣先を下げて9歩の間合いに戻り、中段に構えて日本剣道形1本目は終了です
お互いに剣先を開いて9歩の間合いに戻ります 打太刀 打太刀は、上段から右足を前に出して仕太刀の正面を打ちます
四本目: 対 (突き返し面)• 打太刀は、3歩目で大きく正面を打ちましょう• は「師の位」、は「弟子の位」とされ、上級者(年配者)が打太刀、下級者(若輩者)が仕太刀をとる このとき太刀を持ったものは左上段、小太刀を持ったものは右上段を持って試合をすることになります
4本目は八相と脇構えの突き返し面 4本目は上級者が八相、下級者は脇構えの姿勢で行われます 全ての剣道家の方々に謝罪せよ
2本目 1.中段の構えから大技で正しく仕太刀の右小手を打ち、右小手の位置よりわずかに低く打っているか 太刀七本• 仕太刀は、左足を下げながら中段に戻ります
互いに剣先を下げて9歩の間合いに戻り、中段に構えて日本剣道形1本目は終了です 故に昔は必ず先づ形より入りて試合に到るを順序となせり
56