復讐 を 希う 最強 勇者 は 闇 の 力 で 殲滅 無双 する。 小説家になろう「復讐を希う最強勇者は…」の続きを読むには?

by 37話まで、ネタバレ含、レビュー長いよ 37話まで購読 主人公は最強で1 冊のうちに標的を次々と殺します
「復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する」1巻 「復讐を希う最強勇者は、闇の力で殲滅無双する」は、斧名田が投稿サイト・小説家になろうにて発表し集英社より単行本が刊行されている同名小説のコミカライズ 八つ裂きにして殺す
主人公をいかにして苦しめたかだけはしっかり読み取れますが, 芯が入っていません 嘗てラウルが魔物達から救い、彼に勇気付けられ、彼を慕って補給兵となったスラムの少年達を騙してその薬を飲ませ、死に至らしめた原因を作った事でラウルの復讐対象となる
全員が薬を飲まされてベルセルク化し、ラウルに襲い掛かったり、ブラウン将軍の骸骨を破壊する程までに暴れまわったが、一部の研究員達はラウルによって返り討ちにされ、残りの研究員達も薬の効果により全員自滅した 主君を致命的に間違えただけだし, 嫌いになれないわ
私利私欲を貪る貴族たちにより、仲間や家族を殺されたラウルは、偽りの罪で処刑される 尚、途中で殺された子供達は、実はラウルが魔法で見せた幻であり、実際の子供達は全員村に残っていて無事だった
そのため復讐パートの分量はかなりのものになっています 本作の主人公で世界を魔王の手から救った勇者
将軍の子供を解体して将軍に食べさせて、将軍を子供に食べさせる 彼女の視点からだと主人公が「手に負えなくなったお子様」程度に見えている気がします
〜禁じられた謝肉祭〜 生まれた村を焼かれてラウルの母親を食べた将軍 人喰い家族 の元へ行く コミカライズは水曜日はまったりダッシュエックスコミックにて連載中
62
私利私欲を貪る貴族たちにより、仲間や家族を殺されたラウルは、偽りの罪で処刑される。 お姫様に仕組まれて冤罪で処刑される。 ラウルの姉をヴィクトリアに売り渡したのも彼であり、その事でラウルの復讐対象となる。 この後勇者はどうするんだろうって。 元々は異世界の住人であったが、愛の女神の手により勇者となって世界を救う為に転生される。 ヴィクトリアから処刑場に現れたラウルへの攻撃を命令されるも、それを拒絶する。 研究員231人全員クズだったので同じ様に薬を投与する。 命が潰えるその直前、ついに彼の心は悪に墜ちた。 マコーリー村でラウルが捕らえられた時や、ラウルが処刑された時もその場におり、彼の最期を間近で見届けていた。 なので、国王の絶縁宣言に従い、既に王女としての地位を失っていたヴィクトリアの命令を無視した。
81

誰もが見惚れる美貌の持ち主であるが、その本性は底なしの性悪女で、自らの美しさと王女という地位の高さを鼻にかけ、平気な顔で他人を蹴落とす様な冷酷無慈悲な性格である。

補給兵としての初仕事としてノール村に物資を運ぶ際、彼等を指揮していたヨハネスに騙され、ベネケ博士が開発したベルセルク化する薬を飲まされる。

ヨハネスに騙されてベルセルク化した少年補給兵達が水を求めて必死で辿り着いた先がこのノール村だったのだが、金を持っていないという理由で水を与えず見殺しにした(と言うのも、ベルセルク化した人間は水を飲めば薬の効力が切れて助かっていた筈だった)。

ちなみにニコニコ静画での連載は2月4日から開始されており、「月曜日更新」である旨が告知されています。

なお同作は「裏切られた元勇者の復讐無双ファンタジー!」という触れ込みの元、作家・ 斧名田 マニマニ(おのなた まにまに)さんよって連載されています。

一方その頃、彼女達の父親は行方不明になった娘達を心配してモルトケ村の門から毎日2人の帰りを待っていた。

71