お手玉 作り方。 お手玉の簡単な作り方とは?型紙や中身も!俵型/座布団型

簡単に作りたい場合は、一つの生地を猫型の形に切って縫い合わせていくと良いですよ。 お手玉のデザインは自由自在。 仕上がりや、手触りもよい日本製です。 。 ミシンを使わなくても、手縫いでOKです。
19

(動画参照)• はぎれで出来ますし短時間で作れるので、ぜひ作ってみてください。

巻き貝 (日本) 沖縄や沿岸の地域で昔から使われていた。

布の大きさは、小さ目のが良ければ少し小さくしても大丈夫です。

3 なみ縫いした糸をひっぱり、袋口をしぼります。

お手玉の数を増やしてみる。

片手でお手玉を投げては取るを繰り返す。

ペレット…40g(お手玉の中身は好みでOK) 基本的な俵型お手玉の作り方• 縫い終わりはコットンがはみ出ないように細かく縫いましょう。

触感がとても気持ちいいので、ぜひ作って握ってみてくださいね!握るといえばスクイーズです。

94

お手玉は身近にあるもので簡単に作ることができます。

16 重りを入れる お手玉に小豆などの重りを入れます。

ミシンや本格的な材料がなくても、オリジナルで十分なのです。

沖縄では、小石と一緒に入れる。

4 まず最初に、ここをぐし縫いしていきます。

俵型は、米俵のような形のものです。

お手玉の一部の生地をシフォンのような透けるものにして、中身が見える仕様も面白いですよ。

縫いはじめは、一目返し縫いをしておきます。

16