プロ 野球 ニュース。 佐々木信也

『プロ野球ニュース』(第2期)の初代総合キャスターを引き受けるにあたって、佐々木は「助手席から運転手に変わった」と例えている。

当初は、からはと専属契約を結び、出演した。

(ビデオデッキ『』)• 247。 原子力発電PR• 『「本番60秒前」の快感』 ベースボール・マガジン社、2009年 出演番組 [ ]• (2005年4月18日)「三原マジックの舞台裏」()• 花田憲子『凛として…。 カフェグレコ• エピソード [ ]• 後に会長を務めたは1学年上である。 にのコントに一度出演した。 、原作のアニメ映画「」シリーズの2本(激闘ペナントレース・あゝつっぱり人生)に、スポーツキャスターの「ササキさん」役で声の出演をした。
717 131 555 510 53 133 21 4 5 177 40 19 7 2 3 39 2 1 37 3. また、新人での全イニング出場は史上初(後にの、の、の、以上4名が記録)。 これからは毎日家に居られるのね」と逆に歓迎され、西本の見込みは的中した形となっている。 『「ゴルフ」の実戦のなかで 佐々木信也「ゴルフ」対談集』 瀝々社、1980年• 突然外された黒幕が一茂だと知り、「プロデューサーかディレクターか、スタッフが決めたと(思ってた)…」と驚き。 同年、新人ながら154試合に全イニング出場した。 『解説者が語る野球のすべて』 家の光協会、1963年• その後、プロ野球ニュースで「自分が引退するきっかけとなった西本と仕事をする事になるのだから、人生というものは不思議なものだ」と語った。 同年、622(日本歴代3位)でリーグ最多の180(同34位)を放った。 出場:1回 (1956年) 背番号 [ ]• 引退2年目から出演した「プロ野球ニュース」(週末担当)。 実際、佐々木は夫人に電話で解雇された事を報告すると「まあうれしい。 「仰天! 『巨人軍事典』 日本文芸社、1978年• また、同時期にの監督から誘われたが、球団フロントが獲得を疑問視していることが新聞に掲載されたことにより、入団を断った。
33
526 通算:4年 466 1736 1602 175 424 62 15 13 555 101 86 34 11 5 115 6 3 144 21. なお佐々木は同番組で西本に「なぜ僕はクビになったんですか?」と問いただしたところ、西本が監督就任した時期に佐々木は結婚しており、その相手が資産家の令嬢と聞いていた西本が「チーム事情で内野手を整理する必要があり、仮にクビになっても生活に困らない者」として佐々木をリストアップしたのだという。 4月・5月にはをリニューアルさせた月曜日・この人この世界で「個性がプロ野球を救う」と題した講義を担当した。 154試合出場はシーズン試合出場の日本タイ記録(他は同年の、)。 翌日の第1戦にの監督室にいた三原を訪ねて番組スタッフ共々抗議したが、三原の「あの時は気が向いていなかった」という発言で佐々木が激怒してしまったという(・「個性がプロ野球を救う」のコメントより)。 この日の番組には、西山アナが登場し、一茂と対面。 1959年オフ、大毎オリオンズの監督にの就任が決まる。 外部リンク [ ]• 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 年 度 154 671 622 66 180 28 5 6 236 37 34 21 5 2 41 4 1 45 10. 『12球団全ガイド—プロ野球グラフィティ』 新潮社、1983年• 2010年「第二回麻雀トライアスロン 雀豪決定戦」でプロ雀士を相手に健闘し準優勝した。
33