呪術 廻 戦 90。 『呪術廻戦』フェアがジャンプショップでスタート、オンライン受注も実施。七海建人の名言「労働はクソ」Tシャツも発売【待望】

特級 呪霊の最上位の等級。

常人離れした身体能力を持つ高校生・ 虎杖悠仁は、両親の顔を知らず、祖父に育てられた。

小沢 優子(おざわ ゆうこ) 虎杖の中学時代の同級生。

直琵人の死後、自身が次期禪院家当主になると自負していたが、遺言により伏黒恵が次期当主に決定した事に反発。

その後、真人の分身と交戦し優位に立っていたところを、本物の真人に触られ 、虎杖の目の前で左顔面を吹き飛ばされ、倒れる。

祈本 里香(おりもと りか) 憂太に取り憑く 特級過呪(とっきゅうかじゅおんりょう)。

これらの才能と実力から、漏瑚からは「逆に何を持ち合わせていないんだ」と評された。

使用する術式は、自身の影を媒介とした十種の式神術 「影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」であり、御三家・禪院家相伝の術式の一つでもある。

近接戦闘が苦手。

居合「夕月」が使え、「抜刀」も出来る。

20

武器は鞣造が人の手から作った剣の呪具で、背後から相手を刺したり、生物のように操ったりする。

また、人前に出られない姿と体質故に、周囲と完全に打ち解けることが出来ていないため、もし健康な肉体を手にしたら、仲間の術師達に直接会いたいと思っている。

人語を解している。

しかしそこに現れた真人により「無為転変」で異形の姿に変えられ、虎杖を追い詰めるための駒として利用された挙句無理な改造が祟り死亡した。

その後止めに入った虎杖の必死の説得により順平は改心するが、その直後に真人が現れ、彼に呪殺される。

3級呪術師。

35