昭和 62 年 年齢。 50~60代の皆さんへ

表2-7 市町村の首長の検挙人員の推移(昭和57~61年) イ 態様別状況 61年に検挙した贈収賄事件を態様別にみると、表2-8のとおりで、 表2-8 贈収賄事件の態様別検挙状況(昭和60、61年) 各種土木、建築工事の施工をめぐるものが依然として多い。

6%)、検挙人員は 図2-9 粗暴犯検挙状況(昭和52~61年) 図2-10 窃盗犯検挙状況(昭和52~61年) 2万530人(7. (3) 捜査活動の科学化の推進 捜査を取り巻く諸情勢の変化に対応し、迅速、的確な捜査活動を推進していくためには、各種の捜査情報を広範な分野から収集し、組織的に分析することが必要であるが、警察では、収集した大量かつ多様な捜査情報をコンピュータで分析、照合する新しい捜査支援システムの導入を進めている。

6ポイント低下したものの、依然として高水準を維持している。

26と1947年(昭和22年)以降の統計史上過去最低となり 、総人口の減少も始まった。

図2-19 刑法犯発生から検挙までの期間別検挙状況(昭和52、61年) (2) 「刑事警察充実強化対策要綱」の制定 このような社会情勢の変化を背景とした犯罪の質的変化、捜査を取り巻く環境の悪化等に対応するため、昭和61年10月、刑事警察運営の中長期的展望に立った「刑事警察充実強化対策要綱」を制定した。

2011年6月13日閲覧。

8 年齢3区分別の人口は、年少人口(0-14歳)は1502万8千人で前年に比べ18万5千人の減少、生産年齢人口(15-64歳)は7449万2千人で57万9千人の減少となっているのに対し、老年人口(65歳以上)は3619万1千人で30万6千人の増加となった。

これを罪種別にみると、詐欺の9,636件(12. 7 1936 昭和11 69,590 2,086,355 1,220,023 866,332 30. 18 1985 昭和60 120,837 1,431,577 752,283 679,294 11. 2か月後に史上最高値の318万円まで高騰。

(注) 指定暴力団とは、集中取締りの対象として警察庁が指定した悪質かつ大規模な暴力団をいう。

2017年の人口推計では、沖縄県以外のすべての都道府県で死亡者数が出生数を上回り、自然増減率がマイナスに転落した。

86
)及びその傘下団体の勢力は、1,154団体(全団体数の36. (厚生労働省)• ) コンピュータ犯罪(CD犯罪を除く 39となった
61年の放火事件の検挙件数は、過去最高であった前年に次ぐものであり、依然として多発傾向にある 近年の日本の自然増減数の推移 年 出生数 死亡数 自然増減数 合計特殊出生率 2000 平成12 1,190,547 961,653 228,894 1. 2人前後と安定した水準を維持しており、合計特殊出生率は低下しても、結婚した女性に限れば産む子供の平均の数は変わらなかったが、2005年(平成17年)の調査から出生児数の低下がみられ、2015年(平成27年)の完結出生児数は1. 年齢各歳別総人口 2013 平成25 年10月1日現在 男女計(千人単位) またはは生まれ、またはは生まれ、またはは・生まれを示す
〔事例〕 うなぎ輸入販売業者(55)は、前年、食品会社から多額の現金を喝取することに成功したことから、6月、再び同社に対し現金5,000万円を要求する脅迫文を郵送して、現金を指定銀行口座に振り込むよう要求し、CD(現金自動支払機)を利用して喝取しようとした しかし、その発生回数は、過去10年間で最高であった前年に次ぐものであり、暴力団の対立抗争事件は、依然として多発している
94 1973 昭和48 108,709 2,091,983 709,416 1,382,567 19. また、老後に受け取れる公的年金には、老齢厚生年金のほかにも老齢基礎年金があり、65歳から受け取ることができます このシステムは、 [1] 犯人の音声と容疑者の音声をデジタル化する [2] デジタル化された数値から、コンピュータを用いた計算処理によって個人特性を表す係数を算出する [3] 算出した係数を犯人と容疑者について相互に比較照合することにより、異同識別を行うものである
出生率の低さと移民流入の少なさは、にも大きく影響している 0 1909 明治42 48,554 1,766,000 1,098,000 668,000 33. 最近5年間の市町村の首長の検挙人員の推移は、表2-7のとおりで、増加傾向にある
93
これらの情勢に的確に対処し、取締り活動と暴力団排除活動を運動させ、警察の総合力を発揮した暴力団対策を推進するため、昭和61年12月「暴力団総合対策要綱」を制定し、現在、その推進に努めている。 所得代替率については下記のページをご覧ください。 昭和62年 警察白書 第2章 犯罪情勢と捜査活動 1 犯罪の認知と検挙の状況 (1) 若干減少した刑法犯の認知件数 ア 刑法犯の認知状況 昭和61年の刑法犯の認知件数(注)は、158万1,411件で、前年に比べ2万6,286件(1. 厄払い・厄除けを検討されている方は事前に厄払い・厄除けをお願いする神社・お寺さんに確認すると良いでしょう。 6 1919 大正8 55,033 1,850,000 1,290,000 560,000 31. 4 1939 昭和14 70,930 1,885,957 1,258,514 627,443 26. 警察では、選挙の公正を確保するため、違反取締り体制を強化し、不偏不党、厳正公平な取締りを実施した。 表2-12 参議院議員通常選挙における違反検挙状況 表2-13 参議院議員通常選挙における警告状況 イ 警告状況 警告状況(投票日後90日現在)は、表2-13のとおりであり、警告件数は1万404件で、前回に比べ1,038件増加した。 26 2006 平成18 1,092,674 1,084,450 8,224 1. 52 2006 平成18 127,710 1,092,674 1,084,450 8,224 8. 「ゆとり世代」とひとまとめに呼ばれるのは抵抗を感じる方もいるようです。 令和 (れいわ)2019年(令和元年)5月1日から。 29 2004 平成16 1,110,721 1,028,602 82,119 1. なお、厄年の年齢は以下の通りとなります。