アシタバ 収穫。 3月のアシタバ( 明日葉 )栽培について

適地 耐寒性・耐暑性 あしたばは 暖かい地域での栽培に向いていますが、耐暑性にはやや弱い植物です。 その後で切り分けた株を植え付けて、通常の植え付け時と同様に管理します。 その後の追肥は2~3週間に一度の割合で与えます。 開花して結実すると枯れてしまうため、蕾は早い内に摘み取る。 また、アシタバの根は長く伸びるので、鉢で育てる場合は深さ30㎝以上の鉢で育てましょう。 (6)日当たり・置き場所 アシタバは半日陰で元気に育つ種類ですので、日当たりの良すぎる場所には置かない、地植えをしないように気をつけます。 アシタバを鉢植えで栽培してるんですが 収穫について分からない事があります。
9

去年発芽し、ポットで育てていたものです。

(今でも茎が新芽を合わせると4つだけで)新芽を収穫すると次から生えるけど結構時間がかかるわ 一度もちゃんとしたアシタバを見たことがないので分かりません。

いまから、夏まではコンスタントに収穫できると思います。

花からは種を採取でき、次の年にまた種から育てることができます。

収穫時期及び生育年数や系統により、含有している成分や構成比には差異がある。

地植えの場合には、植え付ける2週間ほど前に、深さ30cmほど土を耕しておき、そこに苦土石灰を混ぜておきます。

21