大 三国志 じゅん ゆう。 【大三国志】SP荀攸 星5の評価とステータス|ゲームエイト

尚書令となった荀攸は、荀彧と同じように賢者や名士を推挙したので、曹操は「荀彧と荀攸の人物評価は、時が経つほど益々信頼できる。

以下戦歴 スカッとした勝ちが少ないのが残念. 同年10月、淳于瓊は兵糧輸送の任務を袁紹に命じられ、督将の・騎督の・・の四将を率いて烏巣に駐屯した
脚注 [ ]. そこで曹操は下邳城を水攻めし、呂布を捕虜とした 曹操は荀攸の死に際して布令し、「荀攸と周遊すること二十余年、彼には一つの失点もなかった」「荀攸は真の賢人であり、温・良・恭・倹・譲によりこれを得ていた
曹操は「お主の意見を用いなかったがためにこのざまだ」と悔しそうに取り合いながらも笑い、再戦では奇襲部隊を使って勝利した 曹操はこの意見に賛同し、袁譚と和睦し袁尚を撃破した
建安3年()、荀攸はの征伐に随行した 荀衢は思い当たる事があって、取調べをすると、案の定、殺人を犯して逃亡してきたことが分かった
なお荀曇は次男で、その長男が荀昱(じゅんいく) 曹操は「荀攸は表面は愚鈍に見えても、内側には英知を有し、臆病に見えて勇敢であり、善をひけらかさず、面倒な事を人に押し付けない
荀彝の弟は荀衢(じゅんく) シーズンシナリオ一覧• 白刃のほうが相手を選ばない)• 塁実対策は荀攸に不攻をつける 現環境では塁実+反撃の前衛火力編成が流行っているため、荀攸にを積んで一切通常攻撃を行わない編成として対策をすることもできます
これらの効果はそれぞれ独立して判定される 曹操は荀攸の話をする度に涙を流したという
官渡の戦いと最期 [ ] 建安5年()にが始まると、淳于瓊は郭図・と共に、に駐屯する東郡を攻撃したが、軍により顔良、後にはを討ち取られるなど苦戦した 筍攸(じゅんゆう)
曹操は論功行賞を行ったとき、「忠義公正で、緻密な計略を立て、国の内外を鎮撫した者としては、文若(荀彧)がこれに該当し、公達(荀攸)がその次に位置する」と述べ、荀攸の領邑を400戸加増し合計700戸にし、荀攸を中軍師に転任させた それ以外は少し低め
荀攸は曹操に向かって「張繡とはお互いに助け合っているから、糧に困らず強力なのです」と言い、劉表の兵糧供給を断ち切ろうと進言したが、曹操は取り合わず、穣まで進軍した 必然的に「最小兵力〜」効果を受けやすいが回避や形兵被ダメ減効果や養精での回復で凌いで行く形
曹操は下邳城を攻めあぐねて撤退しようとしたが、荀攸とは、「敵軍の指揮を執る呂布は勇猛であるが知略に欠け、連続した敗戦で気力が衰えている」こと、また敵の参謀であるは「智恵はあるが決断が遅い」ことを挙げ、「呂布の気力が回復し、陳宮の計略が定まる前に厳しく攻め立てれば、城は攻め落とせるだろう」と曹操に進言した 効率系• 後に丘陽亭侯となった
必然的に「最小兵力〜」効果を受けやすいが回避や形兵被ダメ減効果や養精での回復で凌いで行く形 (+折戟or万箭or雄兵)(白刃+大賞)夏候惇(一夫+壇兵)• 漢でも十分強いと思われる