ミステリ という こと なかれ。 ミステリと言う勿れ 1

久能整は、わざと犯人を見つける為に関係者全員にUSBの場所を教え、動向を探っていたのです。

・狩集汐路(かりあつまりしおじ)「問難(もんなん)の蔵」 ガロの知り合いで、彼の代役として久能整に依頼を出した高校生 ・狩集理紀之介(かりあつまりりきのすけ) 「明聡(めいそう)の蔵」 ・波々壁新音(ははかべねお)「忠敬(ちゅうけい)の蔵」 ・赤嶺ゆら(あかみねゆら)「温恭(おんきょう)の蔵」 ・車坂:顧問弁護士 ・真壁:顧問税理士 ・車坂朝晴 車坂の孫で、弁護士になる予定 汐路が行為を持っている相手 ・真壁絹代 真壁の孫で、理紀之介と惹かれ合っているが家の掟で結婚できない 『ミステリというなかれ』エピソード4-2相続人の事情 ネタバレ:狩集家 遺産相続の試練を受けた人々が次々と命を落とすと聞いた久能整は、みんなで話し合いをしようと提案。

手掛かりがないため事件の解明は難航していました。

記憶力と観察力、事実から推測する力に優れている。

広島を満喫する為に、次の目的地へと向かう久能。

藪は激怒し、久能に掴みかかり罪を認めろと声を荒げました。

天達と橘高。

面白すぎてびびった。

47