魚 皮引き 失敗したら。 魚の皮引きの方法:失敗しない為のコツとは

写真は一般的な皮の剥ぎ方です(この魚はハマチです)。

この部分まで「面倒を見ない」から失敗するんです。

まな板のギリギリ手前、斜め右上方向を向くように置きます。
魚の皮引きのコツを教えて下さい! part2です m - - m 補足では画像が貼れないので改めて質問です 背骨の手応えが包丁の先からコツコツと手に伝わってくる状態を維持すること、 ガイドを外さないことが大事です
尾をしっかり抑えて• この間包丁の位置は変わらず、ほとんど動かしていません 切れ味が優しく、スパッと切れるのが鋼
ジギングサビキでお土産としてアジをゲットしたりすることもあります 皮引きの重要なポイントは包丁を入れる角度を保つこと
包丁の先が尾ビレの付け根の背骨に当たるまで包丁を差し込み、 背骨の手応えが包丁の先からコツコツと手に伝わってくる状態を維持しながら、断面から見える背骨の位置までしっかり切れたら背側は終了です 大阪府• 向いた身を右手で持ったまま• 大分県• 魚種別使い分け 面白い考え方があります
こうすることで醤油のノリが良くなります 3枚におろしたアジ 3枚におろした後、刺身に切り分けるのには刺身包丁が最適ですが、こちらもなければ三徳包丁(一般家庭で使う普通の包丁)でも大丈夫です
それで使い分けるというのが一番賢明なやり方だと思います 「丁寧にやってた時は失敗しなかったが、慣れてきたら何故か失敗する」 こういった事はどんな作業にでもある出来事なんですが、皮引きでも同じですね
刃の角度など施行錯誤ですね そうなる前に「手早さ」ばかりを追ってはいけません
そのままギザギザと包丁を動かしながらゆっくり少しずつぜいごを削り取っていきます あれを無理に引っ張ると・・・・・ この状態から無理に剥くとどうなるか
さばく前とさばいた後用にバットを分けることで、さばき終わった一匹目をラップして冷蔵庫に入れておき、細菌の増殖を防ぐ効果があります サクにする時も意外と皮って切れにくいので、一旦中骨と血合いを切り分ける時と同じように包丁を入れます