残酷 天使 の テーゼ 歌詞。 高橋洋子 残酷な天使のテーゼ 歌詞

それでも母親は子どもを愛さずにはいられません。 「蒼い風が胸のドアをたたいても」という言葉の響きは爽やかで、 青春時代の訪れを連想させます。 子どもの幸せは母親にとっても嬉しいことなのです。 親元を離れた子どもは、やがて家族を持つでしょう。 残酷 ざんこくな 天使 てんしのように 少年 しょうねんよ 神話 しんわになれ 蒼 あおい 風 かぜがいま 胸 むねのドアを 叩 たたいても 私 わたしだけをただ 見 みつめて 微笑 ほほえんでるあなた そっとふれるもの もとめることに 夢中 むちゅうで 運命 うんめいさえまだ 知 しらない いたいけな 瞳 ひとみ だけどいつか 気付 きづくでしょう その 背中 せなかには 遥 はるか 未来 みらい めざすための 羽根 はねがあること 残酷 ざんこくな 天使 てんしのテーゼ 窓辺 まどべからやがて 飛 とび 立 たつ ほとばしる 熱 あついパトスで 思 おもい 出 でを 裏切 うらぎるなら この 宇宙 そらを 抱 だいて 輝 かがやく 少年 しょうねんよ 神話 しんわになれ ずっと 眠 ねむってる 私 わたしの 愛 あいの 揺 ゆりかご あなただけが 夢 ゆめの 使者 ししゃに 呼 よばれる 朝 あさがくる 細 ほそい 首筋 くびすじを 月 つきあかりが 映 うつしてる 世界中 せかいじゅうの 時 ときを 止 とめて 閉 とじこめたいけど もしもふたり 逢 あえたことに 意味 いみがあるなら 私 わたしはそう 自由 じゆうを 知 しるためのバイブル 残酷 ざんこくな 天使 てんしのテーゼ 悲 かなしみがそしてはじまる 抱 だきしめた 命 いのちのかたち その 夢 ゆめに 目覚 めざめたとき 誰 だれよりも 光 ひかりを 放 はなつ 少年 しょうねんよ 神話 しんわになれ 人 ひとは 愛 あいをつむぎながら 歴史 れきしをつくる 女神 めがみなんてなれないまま 私 わたしは 生 いきる 残酷 ざんこくな 天使 てんしのテーゼ 窓辺 まどべからやがて 飛 とび 立 たつ ほとばしる 熱 あついパトスで 思 おもい 出 でを 裏切 うらぎるなら この 宇宙 そらを 抱 だいて 輝 かがやく 少年 しょうねんよ 神話 しんわになれ 残酷 zankoku な na 天使 tenshi のように noyouni 少年 syounen よ yo 神話 shinwa になれ ninare 蒼 ao い i 風 kaze がいま gaima 胸 mune の no ドア doa を wo 叩 tata いても itemo 私 watashi だけをただ dakewotada 見 mi つめて tsumete 微笑 hohoe んでるあなた nderuanata そっとふれるもの sottofurerumono もとめることに motomerukotoni 夢中 muchuu で de 運命 unmei さえまだ saemada 知 shi らない ranai いたいけな itaikena 瞳 hitomi だけどいつか dakedoitsuka 気付 kidu くでしょう kudesyou その sono 背中 senaka には niha 遥 haru か ka 未来 mirai めざすための mezasutameno 羽根 hane があること gaarukoto 残酷 zankoku な na 天使 tenshi の no テ teー ゼ ze 窓辺 madobe からやがて karayagate 飛 to び bi 立 ta つ tsu ほとばしる hotobashiru 熱 atsu い i パトス patosu で de 思 omo い i 出 de を wo 裏切 uragi るなら runara この kono 宇宙 sora を wo 抱 da いて ite 輝 kagaya く ku 少年 syounen よ yo 神話 shinwa になれ ninare ずっと zutto 眠 nemu ってる tteru 私 watashi の no 愛 ai の no 揺 yu りかご rikago あなただけが anatadakega 夢 yume の no 使者 shisya に ni 呼 yo ばれる bareru 朝 asa がくる gakuru 細 hoso い i 首筋 kubisuji を wo 月 tsuki あかりが akariga 映 utsu してる shiteru 世界中 sekaijuu の no 時 toki を wo 止 to めて mete 閉 to じこめたいけど jikometaikedo もしもふたり moshimofutari 逢 a えたことに etakotoni 意味 imi があるなら gaarunara 私 watashi はそう hasou 自由 jiyuu を wo 知 shi るための rutameno バイブル baiburu 残酷 zankoku な na 天使 tenshi の no テ teー ゼ ze 悲 kana しみがそしてはじまる shimigasoshitehajimaru 抱 da きしめた kishimeta 命 inochi のかたち nokatachi その sono 夢 yume に ni 目覚 meza めたとき metatoki 誰 dare よりも yorimo 光 hikari を wo 放 hana つ tsu 少年 syounen よ yo 神話 shinwa になれ ninare 人 hito は ha 愛 ai をつむぎながら wotsumuginagara 歴史 rekishi をつくる wotsukuru 女神 megami なんてなれないまま nantenarenaimama 私 watashi は ha 生 i きる kiru 残酷 zankoku な na 天使 tenshi の no テ teー ゼ ze 窓辺 madobe からやがて karayagate 飛 to び bi 立 ta つ tsu ほとばしる hotobashiru 熱 atsu い i パトス patosu で de 思 omo い i 出 de を wo 裏切 uragi るなら runara この kono 宇宙 sora を wo 抱 da いて ite 輝 kagaya く ku 少年 syounen よ yo 神話 shinwa になれ ninare. 『残酷な天使のテーゼ』を聴いていると、まるで母親が自分の背中を押してくれる感覚を覚えます。 母親が「いたいけな瞳」と思っているように、幼児の頃の純粋さや素直さが残っているのかもしれません。 ある時、 初号機がパイロットである碇シンジの命を守るというシーンがありました。 親子の幸せな時間が描かれていますが、母親は子どもの運命を悟っているようです。 遠くへ行って欲しくない気持ちを押さえ、子どもの配偶者となる人に出会う日を待っているのでしょう。
27
子どものために子離れすることを決意した母親は、離れた所からいつまでも子どもの幸せを願い続けるのでしょう ある時、 初号機がパイロットである碇シンジの命を守るというシーンがありました
唯一の肉親である父親に人型兵器エヴァンゲリオン初号機のパイロットとして呼ばれたことから物語が始まります 物語の舞台は、西暦2015年の日本
姿形が変わっても子どもを守ろうとした姿には、『残酷な天使のテーゼ』で歌われるような母親の一途な愛情を感じますね つまり、母親が見つめている「あなた」は、 アニメの主人公達のように年頃の子どもなのでしょう
離れることが辛くても、母親は旅立たせることが子どものためになると信じます 親元を離れた子どもは、やがて家族を持つでしょう
残酷な天使のように 少年よ神話になれ 蒼い風がいま 胸のドアを叩いても 私だけをただ見つめて 微笑んでるあなた そっとふれるもの もとめることに夢中で 運命さえまだ知らない いたいけな瞳 だけどいつか気付くでしょう その背中には 遥か未来めざすための 羽根があること 残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙 そら を抱いて輝く 少年よ神話になれ ずっと眠ってる 私の愛の揺りかご あなただけが夢の使者に 呼ばれる朝がくる 細い首筋を 月あかりが映してる 世界中の時を止めて 閉じこめたいけど もしもふたり逢えたことに 意味があるなら 私はそう 自由を知る ためのバイブル 残酷な天使のテーゼ 悲しみがそしてはじまる 抱きしめた命のかたち その夢に目覚めたとき 誰よりも光を放つ 少年よ神話になれ 人は愛をつむぎながら 歴史をつくる 女神なんてなれないまま 私は生きる 残酷な天使のテーゼ 窓辺からやがて飛び立つ ほとばしる熱いパトスで 思い出を裏切るなら この宇宙を抱いて輝く 少年よ神話になれ. この楽曲の作詞をした 及川眠子は、高橋洋子が歌うことを考えて、 年上の女性や母親の目線で描いたといいます 我が子の安らかな寝顔が愛らしくて、手放したくない母親
それは一体どんな運命なのでしょうか この楽曲の作詞をした 及川眠子は、高橋洋子が歌うことを考えて、 年上の女性や母親の目線で描いたといいます
77 63