パラレル ワールド 体験。 パラレルワールドへ入る簡単な方法3選と並行世界に行った人の体験談

コーヒーを飲んでいるとき道路を何台か車が通り過ぎていきました。

地図を見ながら、気が付けば同じ道を3回くらいグルグルとまわっていました。
今でも、俺は年末になると庭で星を見る 次の子が待ってるから」 気が付くと俺は地面に倒れていた
その後、東京都の警察が捜索するも男が見つかることはなかった 夕日のような赤い空はグラデーションかかった物ではなくて べたっと空の部分が夕日の色だった
一本道を戻っているはずなのに見つからないことに男性が不思議に思いましたが、リュックについているクマよけを鳴らしながら歩いていました ジョナスと名乗る男が来ると、その男は自分が並行世界を橋渡しする仕事をしていること、偶然見つけたリチャード氏を助けたことを説明したという
彼女たちが乗っていた車のタイヤ痕は砂漠の中でおよそ200m残っているだけで、突然消えていた またわれわれは皆、 「今」という瞬間にも世界線を移動しているそうです
村松大輔さんの というブログ記事を読みました また私の前に記帳されてあったということで、時間的にもちょうど〇〇さんが来ていた時間と合っています
78
そこに住んでから全然いい事がなくて、ある日エレベーター 以外EV 乗ったら何か違和感がある。 しかしながら時空(4次元)は光を超えることができるため、次元間でギャップが生まれる。 ふと思いついた入国管理者が男に地図を見せ母国を訪ねる。 スペインとフランスの間にあるアンドラという 小さい国を指すも、名前が全く違うことに男は驚いたそうです。 45歳の女性は、 朝起きるといつもと違う感じがしました。 周りの景色は覚えてないが、空が赤いって認識したとたん、 今いる室内がうす暗くなってると気付いて怖くなった。
88