軒下 の モンスター 歌詞。 槇原敬之さんの歌「軒下のモンスター」の歌詞について質問です突然田んぼの真ん中...

だからひっそりと自分の気持ちを表すのです。

でも、あなたがどう思おうとおんねん。

日本独特の空気って本当に怖い 空気がマイノリティを苦しめる 日本独特かもしれませんが、「空気」という言葉があります
こういう人達も これからもずっとマッキーの曲を聴いていきたいなと思います
でも、そのことを大きな声で言えない 私もまた「軒下のモンスター」なのです
突然 とつぜん 田 たんぼの 真 まん 中 なかに 現 あらわれたUFOのように 揺 ゆれる 稲穂 いなほがあまりにも 似合 にあわない 君 きみが 立 たっていた その 時 ときずっと 解 とけずにいた 謎 なぞの 答 こたえが 分 わかった 好 すきになる 相手 あいてがみんなと 僕 ぼくは 違 ちがうんだと 普通 ふつうに 結婚 けっこんして 子供 こどもを 何人 なんにんか 授 さずかって それ 以外 いがいは 幸 しあわせとは 誰 だれも 信 しんじないようなこんな 街 まちで 僕 ぼくのこの 恋 こいはどうやら 上手 うまくいきそうにない わかってる そんなこと 誰 だれよりもわかっているさ だけど 譫言 うわごとのように 心 こころは 君 きみの 名 なを 呼 よぶから ばれないように 心 こころの 口 くちを 必死 ひっしに 塞 ふさいでいる あまりに 都会的 とかいてきすぎる 雰囲気 ふんいきが 邪魔 じゃましてか 彼女 かのじょもできずに 結局 けっきょく 夏祭 なつまつりに 僕 ぼくを 誘 さそった 君 きみ さんざん 遊 あそんでじゃあねと 分 わかれた 後 あと 何故 なぜか 僕 ぼくは 泣 なきたい 気持 きもち 収 おさめようと 一人 ひとりで 神社 じんじゃに 寄 よった 親 おやを 泣 なかせることも 心 こころに 嘘 うそをつくのも 嫌 いやなんだ いっそ 妖怪 ようかいにでもなって 君 きみを 軒下 のきしたからただ 見 みていたい 僕 ぼくのこの 恋 こいはどうやら 上手 うまくいきそうにない わかってる だからといって 恋 こいする 気持 きもちは 消 きえない 僕 ぼくはモンスターのように 真夜中 まよなかに 一人 ひとり 抜 ぬけ 出 だして 月明 つきあかりの 河原 かわらで 心 こころの 口 くちを 塞 ふさぐ 手 てをどける 恋 こいしい 人 ひとの 名前 なまえを 遠慮 えんりょがちに 叫 さけぶと その 声 こえに 風 かぜが 起 おこり ススキが 隠 かくすようにざわめきだす 僕 ぼくのこの 恋 こいはどうやら 上手 うまくいきそうにない わかってる そんなこと 誰 だれよりもわかっているさ だけど 譫言 うわごとのように 心 こころは 君 きみの 名 なを 呼 よぶから ばれないように 心 こころの 口 くちを 必死 ひっしに 塞 ふさいでいる 僕 ぼくは 軒下 のきしたのモンスター 突然 totsuzen 田 ta んぼの nbono 真 ma ん n 中 naka に ni 現 arawa れた retaUFO のように noyouni 揺 yu れる reru 稲穂 inaho があまりにも gaamarinimo 似合 nia わない wanai 君 kimi が ga 立 ta っていた tteita その sono 時 toki ずっと zutto 解 to けずにいた kezuniita 謎 nazo の no 答 kota えが ega 分 wa かった katta 好 su きになる kininaru 相手 aite がみんなと gaminnato 僕 boku は ha 違 chiga うんだと undato 普通 futsuu に ni 結婚 kekkon して shite 子供 kodomo を wo 何人 nannin か ka 授 sazu かって katte それ sore 以外 igai は ha 幸 shiawa せとは setoha 誰 dare も mo 信 shin じないようなこんな jinaiyounakonna 街 machi で de 僕 boku のこの nokono 恋 koi はどうやら hadouyara 上手 uma くいきそうにない kuikisouninai わかってる wakatteru そんなこと sonnakoto 誰 dare よりもわかっているさ yorimowakatteirusa だけど dakedo 譫言 uwagoto のように noyouni 心 kokoro は ha 君 kimi の no 名 na を wo 呼 yo ぶから bukara ばれないように barenaiyouni 心 kokoro の no 口 kuchi を wo 必死 hisshi に ni 塞 fusa いでいる ideiru あまりに amarini 都会的 tokaiteki すぎる sugiru 雰囲気 funiki が ga 邪魔 jama してか shiteka 彼女 kanojo もできずに modekizuni 結局 kekkyoku 夏祭 natsumatsu りに rini 僕 boku を wo 誘 saso った tta 君 kimi さんざん sanzan 遊 aso んでじゃあねと ndejaaneto 分 wa かれた kareta 後 ato 何故 naze か ka 僕 boku は ha 泣 na きたい kitai 気持 kimo ち chi 収 osa めようと meyouto 一人 hitori で de 神社 jinja に ni 寄 yo った tta 親 oya を wo 泣 na かせることも kaserukotomo 心 kokoro に ni 嘘 uso をつくのも wotsukunomo 嫌 iya なんだ nanda いっそ isso 妖怪 youkai にでもなって nidemonatte 君 kimi を wo 軒下 nokishita からただ karatada 見 mi ていたい teitai 僕 boku のこの nokono 恋 koi はどうやら hadouyara 上手 uma くいきそうにない kuikisouninai わかってる wakatteru だからといって dakaratoitte 恋 koi する suru 気持 kimo ちは chiha 消 ki えない enai 僕 boku は ha モンスタ monsutaー のように noyouni 真夜中 mayonaka に ni 一人 hitori 抜 nu け ke 出 da して shite 月明 tsukia かりの karino 河原 kawara で de 心 kokoro の no 口 kuchi を wo 塞 fusa ぐ gu 手 te をどける wodokeru 恋 koi しい shii 人 hito の no 名前 namae を wo 遠慮 enryo がちに gachini 叫 sake ぶと buto その sono 声 koe に ni 風 kaze が ga 起 o こり kori ススキ susuki が ga 隠 kaku すようにざわめきだす suyounizawamekidasu 僕 boku のこの nokono 恋 koi はどうやら hadouyara 上手 uma くいきそうにない kuikisouninai わかってる wakatteru そんなこと sonnakoto 誰 dare よりもわかっているさ yorimowakatteirusa だけど dakedo 譫言 uwagoto のように noyouni 心 kokoro は ha 君 kimi の no 名 na を wo 呼 yo ぶから bukara ばれないように barenaiyouni 心 kokoro の no 口 kuchi を wo 必死 hisshi に ni 塞 fusa いでいる ideiru 僕 boku は ha 軒下 nokishita の no モンスタ monsutaー. といった気持ちを最近のマッキーの曲を聴いて感じます もちろん携帯やスマートフォンでの表示にも対応していますので、カラオケなどでも大活躍間違いナシ!お気に入りのアーティストや気になる新曲など是非探してください! 当サイトでは常にユーザーの皆様のご期待に添えるよう、随時コンテンツの充実に向け努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします
こういう歌が世の中にでるようになったのは 一昔からしたら革新的やね ストレートは「きゃあきゃあ」言うかも知れないけど これはちょっと毒のある、普遍的な切ないLOVE SONG
4

軒下にいる人を救ってくれる人は少ないです。

逮捕直前に発表した曲にも苦しさが現れている マッキーは逮捕直前に「Hungry Spider」という曲を発表しています。

「あまりに都会的すぎる~一人で神社に寄った」 理由は「彼女がいないから」、夏祭りに誘われ、二人で遊んだ。

今日も生きてくれてありがとう このツイートは今、生きていることをお互いに認め、感謝しましょうという意味が込められています。

相手も男が好きな男なら、その後の可能性もあるのにね。

きっと、マッキーは若いころ(思春期のころ?どんなときもでヒットしたころ?わかりませんが、少なくとも覚せい剤所持で逮捕されたころには)からずっと、苦しみ続けてきたのだと思います。

この歌、CLUBで聞きたいな~ぁ。