岐阜 新聞 コロナ 予言。 2020年、人類の半数が…コロナを予言? 新聞が話題 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

3面に掲載され、見出しは岐阜新聞社の整理記者が制作した。

記事を執筆したのは当時、共同通信科学部記者として環境庁(現環境省)と厚生省(現厚生労働省)の取材を担当していた客員論説委員の内城喜貴さん(69)だ。

だが、前出のジャーナリストによれば、 「ノストラダムスは1999年7月と具体的な発生月を断言していますが、大半の予言にはそれがない。

さらに、オゾン層破壊で人間の免疫力を低下させる可能性があることを初めて指摘したという。

記事によれば、劉基は『三国志』にも登場する、明の初代皇帝・朱元璋に仕えた軍師で、風水と方位学を用いた『奇門遁甲』という占いで、未来を予知する能力があったのだとか。

伝染病の話は現実的過ぎて(本当に現実になってしまったし)、話として暗すぎるので話題として取り上げたくなかったんでしょうね。

「説得力ある大胆な予測」という見出しで解説記事も添えられています。

72

8度前後上昇する」という「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告からの引用。

結果WHOは予算・人員の大幅の削減を余儀なくされるとともに、狼少年的ジレンマに陥ることになった…。

うんうん、当たってますよね? 記事は共同通信社の配信とみられ、世界保健機関(WHO)が地球温暖化の健康被害を予測する報告書をまとめたというもので、報告書では、温暖化がマラリアなどの伝染病の大流行をもたらし、世界人口の半数近くが伝染病にかかる恐れがあることを指摘しています。

26日午後5時点で4690件の、7560件の「」があった。

「2020年」のが躍る() 30年前、19. jタウンネットより 読者の皆さんにを実践してもらおうということで、いつもは近くで読んでいる新聞をちょっと離して、大体2くらいで文字が浮かび上がるように作りました。

77 27