肝 グリコーゲン 枯渇。 肝臓内グリコーゲン量を減らすと脂肪は効率的に燃焼する

これがリサイクル機能・クリーニング機能になります。 65
すると絶食時の脂肪分解が減少し、脂肪組織が相対的に大きくなることが確認された。 1日3回の食事で朝食が重視される主な理由は、生体リズムの形成に深く関係がある。 まずは、エネルギーとして使われる。 そこで余った分に関しては、グリコーゲンタンクという ブドウ糖の一時保管所に蓄えられる。 200g食べる日を「ローカーボ」 朝200g 400g食べる日を「ミドルカーボ」朝+昼200gずつ 600g食べる日を「ハイカーボ」 朝+昼+夜200gずつ ローカーボ 7:00 起床・有酸素運動(BCAA摂取) 7:30 朝食(白米200g) 9:00 仕事・間食(プロテイン) 12:00 昼食(炭水化物なし:たんぱく、脂質のみ) 15:30 間食(プロテイン) 17:00 勤務終了 17:30 ジム(筋トレ+有酸素) 19:00 夕食(炭水化物なし:たんぱく、脂質のみ) 22:00 間食(プロテイン) 23:00 就寝 カーボサイクル例 炭水化物の摂取量を変化させながら減量することを カーボサイクルといいます。
5