新幹線 e チケット 使い方。 PASMOはタッチで新幹線に乗れる。スマホで予約し改札機通過も

今回は、3月17日21時と入力しました。 ポイント還元率は1. タッチでGo! 乗車前にみどりの窓口や指定席券売機できっぷを発券しておく必要がある場合と、いつも使っている交通系ICカードやスマートフォンで乗車できる場合があります。 改札通過後にスマホの予約確認画面を見ると、購入したチケットの状況欄が「未使用」から「使用済」に変わっていました。 「えきねっと」で新幹線を検索・予約する 「えきねっと」で新幹線の新規予約申込・事前受付をします。 「e5489」の対象は北陸新幹線のみ• 券売機で利用開始登録が必要 新幹線を利用するには、初回に限り「利用開始登録」が必要です。 現在のところ、新幹線乗車時は「EX予約専用ICカード」または「EX予約サイトに登録したモバイルSuica」が利用できますが(「J-WESTカード(エクスプレス)」会員・「E予約専用W会員」は対象外)、21年春以降はモバイルPASMOでも利用が可能になる予定です。 ここでは、新幹線eチケットの使い方やお得なきっぷについて、わかりやすく解説します。 ここで買った乗車券に特急券を合わせて新幹線に乗ることは可能ですが、この場合eチケットにできないのでトクだ値も使えません。
39

モバイルSuicaも利用できます。

【区】東京都区内• 新幹線eチケットサービスを導入するのは、JR東日本・JR北海道・JR西日本の各社。

モバイルSuica特急券(モバトク)とは、JR東日本が運行する新幹線(東北・山形・秋田・上越・北陸)の自由席・指定席の特急券が、 ネットで簡単に予約・購入できる、モバイルSuica独自のサービスでした。

eチケット早特には、子供料金の設定もあり、おおむね大人料金の半額です。

ニュースリリースを見ると、「センターサーバ照会方式」、つまり、ICカードを改札機にタッチした瞬間に、センター側にある予約情報を照会して、自動改札を開閉する方式であることが書かれています。