フォトショ パターン。 意外と簡単!Photoshopで作る複数素材を使ったパターンと登録方法

3
今回はパターンの作り方と使用方法を紹介します 白背景に少しアクセントを加えたい時に使えるシンプルでおしゃれなパターンです
水玉模様の作り方 水玉を1つつくる 1. シンプルなデザインは、WEBやパワーポイントの背景にもとっても使いやすいです Photoshopのパターンの作り方ステップ3:実際に使用する 縦2,000px横2,000pxほどの大きなアートボードを新規作成し、実際に使っていきましょう
次に、塗りつぶしツールを使って新規レイヤーをグレースケールの色で塗りつぶします この場合のパターンの表示の仕組みですが、下記のように、繰り返しに必要な最小単位のパターンが、たくさん敷き詰められて表示されます
ここからペンツールでデザインしていきます さっそく使ってみましょう
これがひとつの柄となり、連続することでパターン模様を表現していきます 先ほど登録したパターンが表示されるので選択しましょう
この辺HSB値の相関関係とかで説明できそうなんですが、考えるのは大変そうなので頭の良い人が教えてくれることを願ってます 画像が上下左右に4枚並びました
Photoshopをメインで利用しているデザイナーであれば、必要な時に必要なパターンを制作するのに多くの手間はかからないかもしれません パターン素材は、レイヤースタイルに適用するだけで簡単にテクチャーできる素材で、あっという間にデザインを変えることができます
サイズは必ずこのサイズでないといけないとは限りませんが、シームレスパターンにする場合100px〜200px程度が作りやすい傾向にあります ここから必要な部分を切り抜けば完成です
43
STEP6 OK をクリックしてください 今回はどちらも「 40px」にしてみます
不自然なつぎはぎになってしまう場合は元画像から大きめにコピーして入れ替えるとうまくなじみます 基本のブラシを使用し、不透明度、流量ともに100%を指定
短い間隔で同じ節や癖が繰り返されるのが気になる場合は、4面埋め尽くしたあと一枚の画像にしてさらに中をレタッチするといいかもしれません 「選択範囲」から「すべてを選択」をクリックします
好きなパターン名を入力し、「OK」をクリックすれば登録完了です 再度全体のバランスを調整する そうしてならんだものがパターン化された形のレイアウトになります
背景をカラーにする 背景をカラーにするだけで面白い雰囲気になります Photoshopでのパターンの作り方【応用編】 cautionここで注意したいのが、背景がある画像は使用できないということです
) バランスがとれたら、下に敷いていた四角の枠を非表示にし 中心にあるフォルダの下に敷いた枠の選択範囲を選択します アートボードの機能は特に使わないので、アートボードのチェックは外しておきます
メニューバーの下で、ペンマークの横を「 シェイプ」にし、「塗り」と「線」を設定します 写真を配置する カンバスいっぱいになるように写真を配置します
64