しまむら 営業 自粛。 しまむら/首都圏・兵庫県計24店休業、その他は営業継続

なぜ、しまむらはコロナ時代の「勝ち組」となれたのか。

PR さらに、所得の減少や雇用不安が加わることで、これまで購入していたブランドからランクを落とした衣料品の消費行動が見られる。 月次速報でも毎月売上高を伸ばしています。 こういう品揃えを見ると、ユニクロのようなSPA(製造小売り)型低価格ブランドを思い浮かべてしまいますが、現在のしまむらの売り場を見ると、ユニクロ&ジーユーに比べると顧客の求めているものが異なるのではないかと感じられてなりません。 立教大学社会学部卒。 客単価は微増だったが、客数が大幅に減った。 5億円を突破し、当初の計画を158%達成。 コロナ禍で苦境に転じたアパレル企業が多い中、2019年末まで苦戦を続けていたしまむらが復活できた理由をまとめると、 (1)低価格商品の再評価 (2)郊外・地方がメインの店舗立地 (3)肌着・靴下・寝間着・トレーニングウェアなど実用品需要 という3つの要因に加えて、「在宅勤務用の安いホームウェア需要の増加」が挙げられるのではないかと考えられます。 4%減と、大幅マイナスが続いていた。
47