本能寺。 本能寺跡 【本能寺の変】本当はこの場所!!

小和田は「日本史の謎」と表現している。

羽柴秀吉実行犯説は、信長暗殺の直接の実行者や命令者を羽柴秀吉と想定するもので、裏から操ったというとはやや異なる。

春長軒が交渉して一時停戦し 、明智勢はを使うのを禁止したが、徒歩での脱出を許可した。

国替えについては史料的根拠も残っていない。

その理由は「 本門八品相 応能弘之寺」の言葉より本応寺・本能寺という寺名にした。

したがって、純粋法華の教えを説く日蓮宗の寺院にのみ名づけられるのである。

の『光秀行状記』によると、この場所はであったという伝承があるそうである。

後に, 息子 織田信孝が, 父信長の廟を建てたために, 本能寺は再びこの地に復興したけど, 豊臣秀吉の京都の区画整理により, 天正年間に現在の寺町御池に移されました。

本能寺跡 現在 現在は, 自治会館, 堀川高校や老人ホームなどになっています。

11

だがそれは密かになされたことであり、二人だけの間での出来事であったので、後々まで民衆の噂に残ることはなかったが、あるいはこのことから明智は何らかの根拠を作ろうと欲したかもしれぬし、あるいは〔おそらくこの方がより確実だと思われるが〕、その過度の利欲と野心が募りに募り、ついにはそれが天下の主になることを彼に望ませるまでになったのかも知れない。

(問い合わせ先)• 4月初旬、を一揆が攻撃して稲葉貞通を追った。

また別の異説として、作家と歴史家によれば、()寺伝に本能寺の変の時に信長の供をしていた原宗安(志摩守) がの指示で信長の首を寺に運んで供養したという記載があるという。

信長による「唐入り」や「家康討ち」、光秀と家康共謀など、多数の前提の上に成り立つこの説は、土台がかなり狭く綱渡りのように仮説につぐ仮説を渡り歩く必要がある。

信忠は、二条御新造の主である東宮と、若宮に、戦場となるからと言ってすぐに内裏へ脱出するように促した。

平成21年()に明智憲三郎が発表した著書『本能寺の変 427年目の真実』 は共謀説に分類される。

夏で早朝から畑に瓜を作る農民がいたが、殺気立った武者が急ぎ来るのに驚いて逃げたので、天野はこれを追い回して20、30人斬り殺した。

明智光秀 明智光秀は, 戦国武将で, 岐阜県可児市明智出身といわれています。

変が起きた時、大事を聞きつけた上人は僧20名と共に本能寺に駆けつけたが、門壁で戦闘中であって近寄ることができなかった。

、家康の饗応役を新たに、丹羽長秀、堀秀政 、、の4名に命じた。

42

そして、やがてそれが通史として正当化し、安易に居直ることがある。

名物びらきの茶事が終わると酒宴となり、妙覚寺より信忠が来訪して信長・信忠親子は久しぶりに酒を飲み交わした。

信長怒って明智が髪を捽み引き伏せて責めらるゝ。

信長が光秀に家康殺害を命じていたのではないかという議論も、すでに(日本・中近世史)が明智憲三郎以前に検討している。

天正9年ので光秀が総括責任者を務めた のはこうした職務から必然であり、(この時、羽柴秀吉は不在であったが)織田軍団の中で信長に次ぐ「ナンバーツーのポスト」に就いたという自負も目覚めていたと、論者のは考えている。

そして油小路高辻と五条坊門の間に本応寺を建立し、日蓮大聖人の念願である人々の口に「南無妙法蓮華経」を唱えさせるべく教化を始めた。

日東上人は本山・本覚寺(静岡市駿河区池田)の第9世貫首であったが、或るとき霊夢、すなわち池田から真東の地に光物を夢み、自ら有度山を踏み分け踏み越え、穏やかな海浜に出、洞に安置されていた虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)を拝し、光物の存在を確認した。

光秀は、領国である北近江・丹波、さらには与力として丹後、若狭、大和、摂津衆を従えて出陣するだけでなく、甲州征伐では信長の身辺警護を行い、すでに京都奉行の地位からは離れていたとしても公家を介して依然として朝廷とも交流を持っており、(諜報機関を兼ねる)のと共に都の行政に関わり 、二条御新造の建築でも奉行をするなど、多岐に渡る仕事をこなしていた。

本能寺の変の歴史的意義としては信長が死んだことと秀吉が台頭したことであり、光秀の動機が何であれ、黒幕がいたとしても後世の歴史に何の影響も与えておらず、日本中世史学会において光秀の動機や黒幕を探る議論は「キワモノ」であると見られている。