シュタイン ズ ゲート ゼロ 解説。 志倉千代丸氏が語る『シュタインズ・ゲート ゼロ』の制作秘話と改変されたテレビアニメ再放送23話

第3話『双対福音のプロトコル』 紅莉栖の記憶をベースとした「アマデウス」は、徐々に岡部を"紅莉栖"がそこにいるかのような錯覚に陥らせていった。

だが男だ。

しかし、我々は鳳凰院凶真が復活し、紅莉栖を救うことを諦めなかった「執念オカリン」が誕生するというのをシュタゲ本編で知っている。 一方、ダルは鈴羽の様子がおかしいことに気付く。 岡部はまゆりやダルにオカリンと呼ばれているが、鳳凰院凶真と呼ばせたい。 レスキネンはオフですが、真帆が対応してくれ、Amadeusの紅莉栖と会わせてもらえることになっていました。 これからは1番の歌詞は紅莉栖、2番はまゆりを思い出すことになるだろう。

シュタゲシリーズはボーカル楽曲も魅力だが、そのサウンドトラックにも注目してもらいたい。

シュタゲゼロ第22話「投企のリナシメント」でアマデウス紅莉栖を消去するのは、で最初のDメールを消去するのと実質的に同じだ。

話せば話すほど紅莉栖そっくりで、岡部は思わず彼女に好きと伝えそうになり、はたと自分が現実の紅莉栖とAmadeusを区別できていないことに気が付きます。

「とにかく君を無事保護できてよかった。

これは第8話でも使われた、ゲーム版シュタゲゼロのエンディングでもある楽曲だ。

レイエス教授やレスキネン教授などの悪役陣、比屋定真帆と桐生萌郁の関係性、第4話「亡失流転のソリチュード」で描かれたソ連がある世界線などはゲームの描写の方が細かい部分がある。

何でも恋愛に繋げるところも紅莉栖そっくりで、岡部は彼女との日々を思い出します。

比屋定真帆が第23話で語っていたように、シュタゲゼロは「執念のエピグラフ」であり、シュタゲ本編まで繋がっている物語だ。

まゆりが指摘してから女性は震えだし、鈴羽はそのうーぱのことを知っていました。