バール の よう な もの。 Project Web of コード ケフィア(笑) ~バールのようなもの on OSDN Web space

は捜中の事件について、関係者にその時点までの断片的なを開することがある。

もお読みください。

間仕切りを解体したり、扉を外す時にもバールがあったので、とても重宝しましたよ。

バールと言われて想像するのは、釘を抜く工具だと想像する方も多いのではないでしょうか。

関係者は、発表の内容を包括的に組み立ててひとつの事件のとしてするため、例えば「何が起きたか:~~町で」、「的は:の中のの強奪」、「その手段は:バールのようなものでをこじ開けた」、「は:撃者なし、」のようなとしての間に伝えることになる。

あ…念のため、質問時に1ptとか3ptとか割り当てた方の尻馬に乗ろう、って気持ちであればご勘弁願いたい。

65
片手で取り扱える小型のものに比べて重量のある長尺のバールを釘抜きと呼ぶことはまれで、時には「大(おお)バール」と呼んで区別する もしバールを使わなかった場合、マイナスドライバー・ニッパ・ペンチの工具が必要です
実際、点となる柄と支点となる曲がった先端があればそれで十分なのであり、と同じことが出来ればそれでもOKなのである The purpose of this page is to encourage the full use of the project web. 凶器のようなもの 自体は、その適度な重さと硬さ、てこの原理による的利得の大きさから、上や窃盗事件などでも使用されている
他には、重量物の据え付けにも使用されます 混同やを避けるためにも、堂々と「バールのようなもの」を携行しないようにしよう
デメリットはないと思います バールは大きければ大きいほど楽に釘を抜けますが、使いやすい長さがあります
なぜ、このような曖昧なが世に出てくるのかについては理由がある URLダミーは不要、というのは、有効なソースがない回答や推測の域を出ない個人の憶測はNGという意味であって、なんでもいいから貼り付ければいい、って意味ではありません・ 更に既出の回答の同意なんかに質問者のポイントを無駄に使わせないように
- を犯行に使った一の例? 先の例に出したようにの出処の第一は発表である なお、勘違いされやすいが「バールのようなもの」の正体が、「そのもの」であったとしても、「のようではあるがとは違う何か」であったとしても問題はない
神のようなもの? 重い物や堅い物をこじったり、上げたりする時に使用する工具です やこじ開けた跡からのようなや工具が使用されたと推測される時に仮想上の器として言及されるが、なぜではなく「バールのようなもの」と仮定できるのだろうか
重さは、長さによって変化するので、あまり気にしなくても良いのではないでしょうか V字溝は釘の頭をすくうだけでなく、釘の軸に食い込む構造になっている
高橋氏は24日午後、ツイッターに投稿し「不適切表現を次に改めます 凶器がなんだかよくわからない時点での発表ですから、「バールと同じような形状をしたものと思われるもの」ということを正確に端的に表すものとして、「バール様のもの」という表記が使われているのでしょう
55