サイレント ヒル 映画 考察。 PARADOX

よって、マリアと一緒に生きていこうとするジェイムスは、病んでいく彼女に再び苦しめられることになる。

その町はかつて炭鉱町として栄えたものの、炭鉱火災を起こして今は廃墟と化している。

アレッサは病床で人々を恨み、憎みました。 元々は、ストーリーのアイデア出しの時に提案した僕の物の中に、傘小僧風の三角シルエット(水中でジェイムスが見る人影として思い描いたもの)があったので、それを処刑人風にアレンジして。 アレッサ然り、ジェイムス然り、ヘザー然り最後に対峙するのは姿を持たない畏怖の存在である。 なのに展示館の穴に飛び降りても傷一つ負わない。 デイビット・リンチ「エレファントマン」のマスクからヒント得ました。 自殺しようとしていたアンジェラと、彼女の包丁。 サイレントヒルのラスト 映画のラストについても 永遠の子供達に見られるような自己犠牲の精神で子供を守りたいと言う母親の気持ちがとても心を打つ ラストです。 は空を飛んでいるため、同様銃器による攻撃しか通用しない。 落ちている新聞に、アンジェラが父を刺殺したと思わせる記事がある。 ローズとシャロンはサイレントヒルの世界で2人なりに幸せな生活を送っていき、2人を待つ父親・クリストファーは帰ってこない2人を現実世界で待ち続けるという…。
83 82