ふたり と わ に 縁。 館内施設

陽光を受けてキラキラと白銀に輝く駿河湾を遠目に見ながら、快適な山道を下りきったところにあるのが土肥の町だ。 テレビ• こんなに嬉しそうにはしゃぐ妻を久しぶりに見た。 だがメインの静岡育ちの和牛の鉄板焼きも、きれいに平らげていた。 旅の疲れを癒すのは、滾々と湧く土肥の名湯。 見た目も美しい前菜の皿にはマグロ節が敷かれていて、どの料理にも合い、味のアクセントにもなる。 海越しに富士山も望める。 駐車場• 海を眺めながら何時間でもくつろげそうだ。 私は女子力低めなので、ヘアブラシとかなんでもいい。 スタッフ対策 手洗い・うがい・マスクの着用を徹底しています。 夕食は乾杯のお酒から始まり、出汁のゼリーの上に新鮮野菜を盛った料理や、焼津のタタミイワシとカマンベールチーズを合わせた一皿など、地のものをふんだんに使った前菜へと続く。
70

駿河湾越しに富士山を一望する絶好の立地を誇ります。

広いのは部屋だけでなく、テラスも籐のテーブルとチェアがあり、広々としている。

エステ 施設• 夕飯、朝ごはんととても美味しくて、料理だけでも2万くらいの価値あるんじゃないかと思います。

その際のキャンセル料は、恐れ入りますがご宿泊料金の100%をいただいております。

から約10分ほどです。

文/野田伊豆守 撮影/関野 温. また、当社が定めるプライバシーポリシーに従い、カスタマーの個人情報を管理するものとし、会員はこれに同意するものとします。

続くお造りを飾っていたのは、マダイやキンメダイ、ノドグロ、アカムツ、伊勢エビなど、駿河湾の恵みの数々。

施設で定めている体温以上の発熱が確認された場合は、保健所の指示指導に従いご入館及びご宿泊をご遠慮いただくことがあります。

特別な日にふさわしい、静かな環境というのが実に素敵だ。

車でそのまま門をくぐると、目隠しの壁を回り込むようにエントランスに入る。