歌う たい の バラッド コード。 歌う たい の バラッド コード

(転じて転調に便利でもあります。

ご参考になれば。

何回か弾いてもらえれば感覚がつかめるのではないかと思います! 少しのストレッチが必要ですが、4弦〜2弦まではキープしたままで弾くことができます。

また、分数コードも多く出てくるのでしっかりと覚えましょう。

ユーチューブの女性カバーの動画などを見て自分なりにコードを探しているのですがどうもしっくりきません。

こんな感じでアルペジオが良いと思います。

E7>G>A>A#>C ですが、ぱっと見た感じやはりギター的なコード進行なので斉藤和義 『歌うたいのバラッド』を検索したところやはり、ギタリストさんですね? 解釈としてはいくつかできると思います。

また、GmやBbもこの曲には出てくるので、多くのセーハコードをマスターする必要があります。

16
そのA#をCの裏コード的にとらえて、Cへ解決(同>平のドミナント)と解釈できるでしょう。 このように、分数コードは、1つ前のコードと関連していることが多いので、この曲でもコードの繫がりを意識して練習するようにしましょう。 カポ無しのキーDでの演奏になるので、BmやF 7などがよく出てきます。 コード進行のイメージとしては、動画でericaさんがカバーしているバージョンの雰囲気を出したいです。 C-FdimonC-C-FdimonC-C-FdimonC-C-FdimonC-C-FdimonC-C-FdimonC このイントロが、まさに「歌うたいのバラッド」になります。 Capo:0• Play:D• この曲で出てくる分数コードに関しては、1つ前のコードから、ルート音(一番低い音)を変えるだけで弾けるものがほとんどです。
16