アズノール うがい 薬。 アズノールうがい液4%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

妊娠中・授乳中や子どもへの使用 妊娠中・授乳中の使用に特別な注意喚起はされていませんが、使用する前に担当の医師や薬剤師に妊娠中または授乳中であることを伝え確認をとってください 喉の奥が腫れているのであれば、喉の奥でガラガラする「うがい」が正しい方法ですが、口内炎ができているような場合には、口を漱ぐような「うがい」が必要です
喉の奥が腫れているのであれば喉の奥で ガラガラ、口内炎ができている場合は口をすすぐようなうがいをしましょう 普段の感染予防であれば水うがいでも十分に効果が出ることが証明されています
その結果、アズレンの誘導体である「アズレンスルホン酸ナトリウム」が特に抗炎症作用に優れる物質として発見され、治療薬として用いられるようになったのです 子どもに使用する場合は、保護者の指導・監督のもとで使用するようにしましょう
ちなみにこの攻撃時に周囲の細胞もある程度巻き込んでしまうため炎症が引き起こされます このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください
2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です 参考文献: 薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100 [児島悠史]. この2つの機序によってアズノールは穏やかに炎症を抑えます
そのため、や咽頭炎など、口や喉の粘膜に炎症・傷ができているような状況で処方される「うがい薬」です ここではアズノールうがい液の特徴や効果・副作用についてみていきましょう
44