かな 姐さん。 井上かなえ(かな姐)さんのコラム&レシピ3か月連載season2

67
「色が付かないので、淡い色に仕上げたい上品な煮物の隠し味にも使えますよ」 現在中3の娘にはほぼ毎日、大学2年の息子には週に3日くらいかな
ブランド梅干し「紀州南高梅」で知られる和歌山は黒潮の影響で温暖な気候に恵まれ、また日照時間が長い丘陵地帯があるなど梅の生育にはもってこいの場所 ブログの記事でもお弁当の話題が一番人気があるそうです
ご興味ありましたらぜひー! 岡山県特産 マスカットの缶詰/フルーツアンシャンテ かな姐さんのお取り寄せのレシピ 連載一覧 【関連記事】• 帰ってくるなり『梅干しの種類、変えたでしょ!!!!!!』なんてギクッとさせられます(笑)」 梅干し大好き!かな姐さんの新作お弁当レシピ「ゆで豚の梅肉和え」 かな姐さん:「じつはわたし、最後の晩餐には梅干しと白ごはんを選ぼうと密かに思っているほど梅干しが好き!そのものをまるっと食べるのも、おかずにアレンジするのも大好きです ミントは刻む
っていうくらい贅沢にしらすを入れた出汁巻きや、温やっこのせ、それから大根や茄子などの煮物にも使いましたが、どれもとってもおいしく仕上がりますよ」 【かな姐さん】 料理家 簡単でおいしいレシピで大人気!日々の晩ごはんと家族の日記をつづるブログはアクセス数1日15万件を越える
県のお墨付き!として広く紹介しています 冷めてもふっくら柔らか、じゅわっとお出汁が溢れる出汁巻きを作り続けてもう何年でしょう
柔らかい分、素材とのなじみも口に入れたときの滑らかさも天下一品!これ以上おいしい梅干しは今までに出会ったことがないくらいおいしかったです ボウルに梅干しを入れ、菜箸でほぐす
電気をつけて明るくし、布団をはぐ 缶を開けるとプリッとしたきれいな翡翠色の大きな粒のマスカットがミッチミチに入っているので、テンション上がる~! おなじみのしそ梅や塩のみで漬けあげた無着色の白干梅など伝統の味付けから、はちみつ入りや減塩タイプなど様々な梅干しが仕込まれています
県のお墨付き!として広く紹介しています 「この梅干し、口に入れたときの滑らかさが天下一品!」 かな姐さん:「去年出したお弁当の本にはおかずを味別で紹介している章があって、味噌味、塩味、醤油味などに並んで大好きな梅味も並んでいます!梅干しにもいろいろありますが、料理に使ったりごはんのお供にするのはしそ漬け、お茶うけにするならはちみつ漬けも好きです
76